宮城県肢体不自由児者父母の会連合会の歩み

昭和32年(1957)仙台市肢体不自由児親の会結成
昭和33年(1958)仙台市肢体不自由児者若あゆ会発足
宮城県肢体不自由児親の会結成
昭和34年(1959)村田町肢体不自由児親の会結成
塩釜市肢体不自由児親の会結成
昭和35年(1960)白石市肢体不自由児親の会結成
宮城県肢体不自由児親の会連合会(宮城県肢連)発会
昭和52年(1977)宮城県肢体不自由児者親の会設立(再建)
昭和54年(1979)塩釜支部設立
石巻支部設立
昭和55年(1980)古川支部設立
仙南支部設立
昭和56年(1981)全肢連第1回東北地区大会(国際障害者年記念)を宮城県で開催
昭和57年(1982)親の会仙台市支部設立
昭和59年(1984)親の会事業部設立
昭和60年(1985)全肢連第5回東北地区大会を宮城県で開催
昭和63年(1988)宮城県肢体不自由児者父母の会連合会発足(親の会改組)
仙台市肢体不自由児者父母の会設立
平成 元年(1989)東部肢体不自由児者父母の会設立
平成 2年(1990)小規模作業所「太白自立センタ−」開所
平成 3年(1991)全肢連第24回全国大会・第11回東北地区大会を宮城県で開催
平成 4年(1992)仙南肢体不自由児者父母の会設立
平成 8年(1996)全肢連第16回東北地区大会を宮城県で開催
平成 9年(1997)仙北肢体不自由児者父母の会設立
平成10年(1998)身体障害者通所授産施設「仙台自立の家」開所
平成14年(2002)宮城県肢連設立25周年記念祝賀会
平成15年(2003)全肢連第23回東北地区大会を宮城県で開催
平成20年(2008)全肢連第28回東北地区大会を宮城県で開催
平成24年(2012)全肢連第45回全国大会・第32回東北地区大会を宮城県で開催



宮城県肢体不自由児者父母の会連合会関連史

昭和30年(1955)宮城県整肢拓桃園開設(同時に湯元小学校と秋保中学校の拓桃園分校設置)
昭和42年(1967)宮城県立船岡養護学校開校
宮城県整肢不忘学園開園
昭和43年(1968)拓桃園分校、不忘学園は宮城県立船岡養護学校の分校となる
昭和45年(1970)宮城県立船岡養護学校に高等部設置
昭和47年(1972)拓桃園分校は宮城県立拓桃養護学校として独立
昭和51年(1976)身体障害者授産施設「啓生園」開園
昭和54年(1979)養護学校教育義務制実施、心身障害者扶養保険制度改正
昭和56年(1981)国際障害者年−12月9日を障害者の日と決定
昭和57年(1982)国連障害者に関する世界行動計画採択
昭和61年(1986)障害基礎年金の創設
宮城県整肢拓桃園から宮城県拓桃医療療育センターへ名称変更
昭和62年(1987)宮城県立船岡養護学校不忘学園分校閉校
平成15年(2003)障害者支援費制度施行
平成18年(2006)障害者自立支援法施行
平成21年(2009)宮城県立船岡支援学校、同拓桃支援学校へ名称変更


インデックスページを開く
inserted by FC2 system